メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

減税が候補擁立へ 河村氏「有名人にめど」

 地域政党「減税日本」を率いる河村たかし名古屋市長は28日、定例の記者会見で、今夏の参院選愛知選挙区(改選数4)に「有名人を擁立するめどがついた」と述べ、候補者を近く公表する方針を明らかにした。

     減税日本は当初、公募による擁立を模索していたが、自民、民主両党から一定の距離を置いてきた「第三極」に厳しい情勢が続いていることから方針を転換。河村市長自らが候補者選定を進めてきた。

     同選挙区には自民、民進のいずれも現職2人と、公明、共産、社民、幸福実現、無所属=民進推薦=の新人5人が立候補を予定している。【三上剛輝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 発信箱 残酷の軽さ=小国綾子
    2. 暴行容疑 体にチューブ挿入、息吹き込む 3消防隊員逮捕
    3. 特集ワイド・ニュースアップ 神戸市教委 「いじめ解消率100%」の疑問 子どもに向き合え=社会部・亀田早苗
    4. 川崎中1殺害 切りながら「ごめん」 リーダー格が証言
    5. けんか 重体の小4男児死亡 東京・足立

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]