メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法・こう考える

/2 民進 江田五月・憲法調査会長

江田五月・民進党憲法調査会長=宮武祐希撮影

首相の改憲論、認めぬ

 −−民進党は参院選で憲法問題をどう訴えますか。

 ◆安倍政権は集団的自衛権の行使を容認し、従来の憲法解釈と全く違うことをやった。安倍政権が目指す方向を、国民の力を借りて封じなければならない。

 −−安倍晋三首相のどこが問題ですか。

 ◆占領軍が作った現憲法をなきものにしたいというのが、首相の憲法観だ。それを示した自民党の憲法改正草案は、国防軍の創設や基本的人権の制約が出てくる。戦後70年の歩みを否定し、別の方向へ進めようとするもので、認められない。

 −−首相は参院選で憲法改正を問う姿勢を示しています。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1192文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです