メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法・こう考える

/4 共産 藤野保史・政策委員長

共産党の藤野保史政策委員長=朝日弘行撮影

反安保法一点で共闘

 −−参院選で憲法についてどう訴えますか。

 ◆立憲主義を回復していくことが最大の争点だ。戦争法いわゆる安全保障法制は廃止し、基になっている集団的自衛権の行使容認の閣議決定も撤回させる。

 −−安保法制の廃止はなぜ必要ですか。

 ◆自衛隊が人を殺し、自分たちも殺される現実的な危険を生み出す法律だからだ。自民党政権自身が憲法9条の下では集団的自衛権を行使できないと言い続けてきた。その憲法解釈を一内閣が勝手に破る憲法破壊を許せば独裁にもつながる。

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1168文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです