メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法・こう考える

/4 共産 藤野保史・政策委員長

共産党の藤野保史政策委員長=朝日弘行撮影

反安保法一点で共闘

 −−参院選で憲法についてどう訴えますか。

 ◆立憲主義を回復していくことが最大の争点だ。戦争法いわゆる安全保障法制は廃止し、基になっている集団的自衛権の行使容認の閣議決定も撤回させる。

 −−安保法制の廃止はなぜ必要ですか。

 ◆自衛隊が人を殺し、自分たちも殺される現実的な危険を生み出す法律だからだ。自民党政権自身が憲法9条の下では集団的自衛権を行使できないと言い続けてきた。その憲法解釈を一内閣が勝手に破る憲法破壊を許せば独裁にもつながる。

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1168文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです