メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権 10代「投票行く」66% 20歳以上並み 有権者意識が浸透

 夏の参院選で選挙権年齢の下限が18歳に下がることを受けて、毎日新聞は16歳から20代前半までの高校生と大学生約3000人を対象にアンケートを行った。18、19歳で「投票に行く」と答えた比率は66%で、20歳以上(71%)と大きな差はなく、有権者の意識が浸透しつつあることが結果からうかがえる。全年齢を通じて「投票に行く」とした人の半数は選挙で社会が変わると考えており、10代有権者を含む若い世代で1票の行使に一定の期待感が広がっているようだ。

 アンケートは4月、関東と関西の7高校9大学の協力を得て計2993人から回答を得た。社会人は対象に含…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1094文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです