メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本のゆくえ・現場を歩く

2016参院選/1 憲法(その1) 改憲言及「票逃げる」 自民が争点隠し

 元女優の語り口は、演劇を思わせた。

 「神武天皇のご即位から数えて2676年。歴代の天皇は国安(くにやす)かれ、民(たみ)安かれと祈り続けてきました」。横浜市中区の関内ホールで2月20日に開かれた改憲派の集会。聴衆約1100人は、壇上の三原じゅん子参院議員(51)のスピーチに引き込まれていた。

 三原氏は、自民党神奈川県連を代表して招かれていた。連合国軍総司令部(GHQ)が今の憲法を押しつけたとする見方に基づき、「憲法は国柄を示すよりどころ。日本人の手に取り戻すことは重要な課題です」と訴えた。

 自民党現職で比例代表から神奈川選挙区に転出し、来月の参院選で再選を目指している。街頭でも同じように…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文964文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです