メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本のゆくえ・現場を歩く

2016参院選/1 憲法(その1) 改憲言及「票逃げる」 自民が争点隠し

 元女優の語り口は、演劇を思わせた。

 「神武天皇のご即位から数えて2676年。歴代の天皇は国安(くにやす)かれ、民(たみ)安かれと祈り続けてきました」。横浜市中区の関内ホールで2月20日に開かれた改憲派の集会。聴衆約1100人は、壇上の三原じゅん子参院議員(51)のスピーチに引き込まれていた。

 三原氏は、自民党神奈川県連を代表して招かれていた。連合国軍総司令部(GHQ)が今の憲法を押しつけたとする見方に基づき、「憲法は国柄を示すよりどころ。日本人の手に取り戻すことは重要な課題です」と訴えた。

 自民党現職で比例代表から神奈川選挙区に転出し、来月の参院選で再選を目指している。街頭でも同じように…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文964文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 元広島・黒田さん、義援金1000万円寄付
  3. 茨城・大洗町 財政難で救急車老朽化も買い替えできず
  4. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  5. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]