メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本のゆくえ・現場を歩く

2016参院選/1 憲法(その2止) 日本会議、改憲へ「世論」演出

憲法記念日に開かれた改憲派の集会。運動の成果が強調され、安倍首相もメッセージを寄せた=東京都千代田区で、竹内幹撮影

「ひな型」基に各地で意見書

 「地方議会でなぜ憲法改正を……」。石川県議会で2014年2月、自民党など保守系会派が1枚の意見書を提案した。題は「国会に憲法改正の早期実現を求める」。野党県議の一人は意図が分からず困惑した。

 「日本国憲法は、昭和22年5月3日の施行以来、今日に至るまでの約70年間、一度の改正も行われていない」で始まり、「時代にふさわしい憲法を求める」と訴える。具体的にどう改めるかは記されていない。野党は反対したが、数の力で2月21日に可決された。

 3月に入ると香川や愛媛など7県議会で同様の意見書や請願が上がった。千葉、鹿児島の冒頭の一文は、句読…

この記事は有料記事です。

残り1526文字(全文1807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです