メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

社民党が公約発表「アベ政治の暴走を止める」

記者会見で参院選の公約を発表する吉田忠智社民党党首=東京都千代田区の党本部で2016年6月14日午後3時8分、藤井太郎撮影

 社民党は14日、参院選の公約を発表した。「アベ政治の暴走を止める」をキャッチフレーズに、憲法改正の阻止▽消費税率の引き上げ中止▽環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加反対などを重点政策に掲げた。

     吉田忠智党首は記者会見で「党の独自性として沖縄政策、脱原発を詳しく書き込んだ」と語った。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では、名護市辺野古での代替施設の建設反対に加え、普天間飛行場の撤去を明記した。

     また、脱原発は既存原発の再稼働反対と、九州電力川内原発の即時停止を強調。富裕層や大企業への課税強化による財源確保や医療分野での消費税率ゼロ、給付型奨学金の創設など社会保障の充実を訴えた。【松本晃】

    社民党公約(要旨)

    ◆平和憲法の理念に沿った「戦争をしない国」を目指す

    ・集団的自衛権の行使を容認した閣議決定を撤回。安全保障法制の廃止

    ・米軍普天間飛行場(沖縄県)閉鎖・撤去と県内への移設断念

    ・「日米地位協定」の全面改正

    ◆くらしと雇用を再建

    ・消費税率10%への引き上げを中止

    ・所得税の累進性強化や中小企業を除いた法人税率の引き上げなど公平・公正な税制抜本改革を実現

    ・最低賃金を時給1000円に引き上げ、1500円を求める

    ・地域医療を守り、医療分野にかかる消費税率をゼロにする

    ◆すべての若者に居場所と希望をつくる

    ・被選挙権の当面5歳引き下げを目指す

    ・教育予算を国際標準の国内総生産(GDP)5%水準に引き上げ

    ・大学等の学費無償化を目指す。給付型奨学金制度の創設

    ◆原発再稼働に反対

    ・原発の新増設は白紙撤回し、既存原発の再稼働に反対。九州電力川内原発は即時停止

    ◆環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加に反対

    ・TPP協定案の国会承認を阻止

    ◆「人間の復興」

    ・被災者生活再建支援制度の上限を最高500万円に引き上げ

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
    2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
    4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
    5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]