メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本のゆくえ・公約分析

2016参院選(その1) 成長から分配、自民転換 アベノミクス批判回避狙う

 22日に公示される参院選で、自民、公明両党は経済政策「アベノミクス」の継続を訴え、安倍晋三首相の政権運営に有権者の信任を得ようとしている。しかし、経済以外にも国政の課題は数多く存在する。旧民主党政権の失敗で「マニフェスト選挙」は色あせたが、選挙公約を単なる「口約束」に終わらせないために、各党の主張を比較し、選挙戦の論点を探った。

この記事は有料記事です。

残り3440文字(全文3606文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  4. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  5. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]