メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本のゆくえ・公約分析

2016参院選(その1) 成長から分配、自民転換 アベノミクス批判回避狙う

 22日に公示される参院選で、自民、公明両党は経済政策「アベノミクス」の継続を訴え、安倍晋三首相の政権運営に有権者の信任を得ようとしている。しかし、経済以外にも国政の課題は数多く存在する。旧民主党政権の失敗で「マニフェスト選挙」は色あせたが、選挙公約を単なる「口約束」に終わらせないために、各党の主張を比較し、選挙戦の論点を探った。

この記事は有料記事です。

残り3440文字(全文3606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです