メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

「自由な言論封殺許すな」…「国民怒りの声」

 「安倍政権打倒」を掲げ、比例代表に10人と東京選挙区に1人を擁立した政治団体「国民怒りの声」が、22日午前10時過ぎ、雨の降りしきる東京・永田町の国会正門前で第一声を上げた。

     憲法学者の小林節代表は、支持者数十人を前に「安倍政権によって憲法が踏みにじられている。民主主義を作る自由な言論は封殺され、国会が言論の府になっていない」と政府を厳しく批判。沖縄の基地や原発問題に触れながら、「主権者は国民だ」と訴えた。【山崎征克】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
    2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    3. 広島県警 防犯カメラに逃走受刑者か 向島北部
    4. 総務相 スマホ「4年縛り、説明徹底を」 指針改正へ
    5. 有働由美子アナ マツコさんと同じ芸能事務所に所属

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]