メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

「自由な言論封殺許すな」…「国民怒りの声」

 「安倍政権打倒」を掲げ、比例代表に10人と東京選挙区に1人を擁立した政治団体「国民怒りの声」が、22日午前10時過ぎ、雨の降りしきる東京・永田町の国会正門前で第一声を上げた。

     憲法学者の小林節代表は、支持者数十人を前に「安倍政権によって憲法が踏みにじられている。民主主義を作る自由な言論は封殺され、国会が言論の府になっていない」と政府を厳しく批判。沖縄の基地や原発問題に触れながら、「主権者は国民だ」と訴えた。【山崎征克】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
    5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです