メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

「自由な言論封殺許すな」…「国民怒りの声」

 「安倍政権打倒」を掲げ、比例代表に10人と東京選挙区に1人を擁立した政治団体「国民怒りの声」が、22日午前10時過ぎ、雨の降りしきる東京・永田町の国会正門前で第一声を上げた。

     憲法学者の小林節代表は、支持者数十人を前に「安倍政権によって憲法が踏みにじられている。民主主義を作る自由な言論は封殺され、国会が言論の府になっていない」と政府を厳しく批判。沖縄の基地や原発問題に触れながら、「主権者は国民だ」と訴えた。【山崎征克】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
    2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 花咲徳栄、猛攻圧勝 昌平と本庄東、4回戦へ /埼玉
    4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
    5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]