メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016参院選

1票の格差3.08倍 大幅改善、根強い違憲論

 総務省は22日、参院選公示前日の21日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数を発表した。選挙区の議員1人当たりの有権者数を計算すると、最多が埼玉県(定数6、改選数3)の101万4713人、最少が福井県(定数2、改選数1)の32万9506人で、「1票の格差」は3・08倍となった。「鳥取・島根」「徳島・高知」の2合区を含む「10増10減」により、2013年参院選の4・77倍から大幅に改善したが、依然3倍超の格差が残った。【水脇友輔】

この記事は有料記事です。

残り2783文字(全文2998文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  4. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]