メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

一番乗りは高校3年生 期日前投票始まる 大阪

全国で最も早く開いた期日前投票所で、一番乗りで投票する高校3年の辰巳稚歩さん(18)=大阪府箕面市で2016年6月23日午前6時34分、三浦博之撮影

 参院選の期日前投票が23日、始まった。大阪府箕面市の阪急箕面駅前にある期日前投票所では全国で唯一、通常よりも2時間早い午前6時半から受け付けを開始した。今回から初めて選挙権を得た高校生も訪れ、1票を投じていた。

 期日前投票は、投票日に予定があって投票所に行けない人が対象。これまでは投票時間が原則午前8時半〜午後8時だったが、公職選挙法の改正により各選挙管理委員会の判断で最長午前6時半から午後10時まで拡大できるようになった。

 箕面市選管は投票率アップにつなげようと、箕面駅前の1カ所のみ開所時間を最大限拡大した。一番乗りは高校3年の辰巳稚歩(ちほ)さん(18)。サッカー部のマネジャーをしており、下校後の投票は難しかった。両親に「どうせなら一番に投票したら」と勧められ、全国で初めて1票を投じた18歳となった。「投票する瞬間ドキドキした。自分で考えて票を入れるだけなので、思ったより煩わしくなかった」と笑顔を見せた。

 投票所には午前8時半までに19人が訪れた。大学1年の竹内洋人さん(18)は「ようやく社会の一員になれたと感じた。政府には奨学金制度など若者のための政策を作ってほしい」と語った。会社員の大川智弘さん(33)は「これまでの投票時間では出社時間に間に合わなかった。ものすごく便利だ」と話していた。

 大阪市選管も7月4〜9日に限り、全24区役所と出張所など27カ所で投票時間を午前8時から午後9時までとし、計1時間半広げる。参院選の期日前投票は、投開票前日の7月9日までできる。【黄在龍、山下貴史】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 日本人の性器は特別? 包茎こそ自然なのです
  2. 寝屋川監禁死 インターホン電池抜かれたまま
  3. プロ野球 DeNAのラミレス監督、日本国籍取得へ
  4. 正月特集 関西新時代・2018 2025大阪万博? 吹くか夢呼ぶ風
  5. 綱の失墜 日馬富士暴行問題/下 重し消え、変節する白鵬 崩れる伝統・秩序

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]