メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法の岐路・私は言いたい

立憲主義がないがしろに 元長崎大学長・土山秀夫さん(91)

土山秀夫さん

参院選投票まであと9日

 日本国憲法の基本原理は、平和主義▽基本的人権の尊重▽国民主権−−の三つだが、自民党の憲法改正草案は、それぞれを壊すもので私の憲法観とは相いれない。憲法は暴走しがちな国家権力を制御するためのもので、それが立憲主義だ。しかし、草案は国家を優先し、公益や公の秩序を理由に国民を縛ろうとしている。立憲主義をないがしろにしている。

 戦時中は自由な発言ができず、人権は顧みられなかった。医学生だった私は軍医として戦地に赴くことが決ま…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです