メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法の岐路・私は言いたい

「予算の空白」規定必要 京都大大学院教授・大石眞さん(64)

大石眞・京都大大学院教授=高瀬浩平撮影

参院選投票まであと8日

 現行憲法は、国民主権や権利保障など評価すべき点が多いが、不備も目立つ。重要な点の一つは、国の予算が成立せず「予算の空白」が生じた時の規定がないことだ。期間が長くなると予算の裏付けがなくなり、年金や生活保護費、奨学金もストップする。

 明治憲法は「予算の空白」が生じた場合、前年度予算を施行すると定めた。現在のフランス憲法では議会が70日以内に決めなかった場合、政府提出の予算案を発効させることができる。どの国も決められない時の「危機管理」の定めを置く。日本にはなく、過去「ねじれ国会」に苦労した経験が生かされていない。

 衆参両院の選挙制度についても今の憲法は一切書いていない。衆院を人口比例にするなら、参院は別の原理で…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです