メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

難民政策、聞こえない 昨年、申請が過去最多

「難民と認めてもらい、将来は日本で働きたい」と話すイーダク・モハド・レザさん=京都市上京区で、小松雄介撮影

支援者から「積極的に議論してほしい」

 日本で難民認定を申請する外国人が増えている。昨年は前年の1.5倍の7586人に上り、過去最多となった。一方で認定のハードルは高く、国が難民と認めたのは27人にとどまる。この参院選でも難民政策への訴えは聞こえてこない。支援者からは「認定制度のあり方なども積極的に議論してほしい」との声が上がる。

 「難民と認められるのがこれほど難しいとは」。アフガニスタン出身のイーダク・モハド・レザさん(34)…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1363文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです