メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

難民政策、聞こえない 昨年、申請が過去最多

「難民と認めてもらい、将来は日本で働きたい」と話すイーダク・モハド・レザさん=京都市上京区で、小松雄介撮影

支援者から「積極的に議論してほしい」

 日本で難民認定を申請する外国人が増えている。昨年は前年の1.5倍の7586人に上り、過去最多となった。一方で認定のハードルは高く、国が難民と認めたのは27人にとどまる。この参院選でも難民政策への訴えは聞こえてこない。支援者からは「認定制度のあり方なども積極的に議論してほしい」との声が上がる。

 「難民と認められるのがこれほど難しいとは」。アフガニスタン出身のイーダク・モハド・レザさん(34)…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1363文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. 安田純平さん 妻、会見し救出訴え
  4. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  5. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです