メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権 衆参12人、教員や理事兼務 関連会社報告書に記載 議員と高校、中立に課題

 衆参両院が4日に公表した「関連会社報告書」で、国会議員計12人が私立高校の教職員や高校を経営する学校法人の理事などを務めていることが明らかになった。今回の参院選の現職候補も含まれている。18歳選挙権を踏まえ、政治家による教育分野の兼職について識者は「政治的に未成熟な生徒たちは学校や教師の影響を受けやすく、中立は難しい」と懸念している。【杉本修作】

 関連会社報告書によると、参院選に立候補している関東地方の自民党現職は自身の地元の私立高副校長(教職…

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1805文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです