メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

vote18インタビュー

湯浅誠さん「社会問題を自分の半径5メートル以内に引き寄せ解決策を探る」

「教授になって3年目。学生たちの感じ方、考え方を日々フィールドワークしています」と笑顔で語る法政大学現代福祉学部の湯浅誠教授=東京都町田市の同大で2016年6月23日、五十嵐英美撮影

 参院選の投票日が間近に迫った。1票を投じる前に、社会問題を切り口に自分の考えを整理してはどうだろう。体験の中から「マイ社会問題」を見つけ出し、解決策を探る「社会問題論」が人気の法政大学現代福祉学部の湯浅誠教授(47)は、貧困問題に取り組んできた社会活動家だ。授業の狙いと学生たちに望むことを聞いた。【五十嵐英美】

 −−授業は学生それぞれが人生を振り返り、「マイ社会問題」を決めることから始まりますね。大教室の22…

この記事は有料記事です。

残り2911文字(全文3118文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです