メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法の岐路・私は言いたい

9条変えたら沖縄は戦場 元沖縄県知事・大田昌秀さん(91)

参院選投票まであと4日

 沖縄ほど憲法と縁のないところはない。それ故に、沖縄ほど憲法の大切さが身に染みているところもない。沖縄戦を生き残った者の務めとして、平和憲法を守りたい。

 沖縄戦の当時は人間として生きられなかった。方言の使用は禁止され、標準語を話せない高齢者らはスパイ容疑で処罰された。旧制中学などに通う14歳以上の生徒たちは動員の法的根拠もないまま戦場に送り出され、過半数が犠牲となった。沖縄師範学校の学生だった私も、大本営発表のニュースを届ける情報宣伝隊員として島内各地の地下壕(ごう)を回った。

 その中でいろんな話が耳に入った。日本兵が壕から住民を追い出し、「敵兵に見つかる」との理由で泣く子を…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文694文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです