メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権/5止 戦争のない世界つくりたい 広島の19歳、中村祐理さん

オバマ米大統領が歩いた遊歩道で、原爆投下前の街の地図を見る中村祐理さん。「世界は少しずつ変えられると勇気をもらった」=広島市中区で2016年7月4日、山田尚弘撮影

 広島県代表として第17代高校生平和大使の一人に選ばれ、2年前にスイスの国連欧州本部などを訪れて核廃絶を訴えた。

 今年5月、唯一の核使用国・米国からオバマ大統領が初めて広島を訪れた。「草の根の活動も続けていれば、世界を動かせる。そんな希望を持てた出来事でした」。原爆投下前の広島の地図を手に話した。

 一方で国内の政治には不信感も募らせる。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです