メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法の岐路・私は言いたい

首相側の主張、時代に逆行 子どもと教科書全国ネット21事務局長・俵義文さん(75)

参院選投票まであと1日

 憲法の「国民」という規定は、日本に住む外国籍の人々を除外するケースがあり、彼らに不利益をもたらす可能性がある。国籍を問わず全ての人を対象とするよう言葉を改めるべきだ。ただ、安倍晋三首相やその周辺が改憲を唱えている時に改める必要があるとはとても思えず、今は変えるべきではない。

 安倍首相は「日本を取り戻す」と、戦後レジーム(体制)からの脱却を言う。その一つが憲法だ。国会答弁や首相と親密な改憲勢力である「日本会議」の主張をみても、憲法の根幹にある立憲主義を投げ捨てているように思う。個人の権利や尊厳よりも国家国益を優先させ、人類が脈々と築き…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです