メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

宇都宮氏「都民評議会のシステムつくりたい」

東京都知事選の立候補について記者会見する宇都宮健児・元日本弁護士連合会会長=東京都庁で2016年7月11日午後2時33分、丸山博撮影

 11日に東京都庁で都知事選の出馬会見をした宇都宮健児・元日本弁護士連合会会長(69)は「私は45年間弁護士として務め、都民の困りごとの相談に乗り、解決に尽力してきた。今度こそ都民のための都政、クリーンな都政を実現するため、3度目の挑戦をすることを決意した。都民自身がもっと都政をチェックする、都民評議会のようなシステムをつくりたい。また、行政から独立した行政監視オンブズマンのような機関を設けたい」と語った。

 目玉の政策として、▽学校給食、高校授業料の無償化、最低賃金を1500円にするなど、都民の暮らしや福祉を重視する▽都民の命や財産を守るために、首都直下型地震対策を図る▽平和と人権、憲法を守り、横田基地のオスプレイ配備には断固反対する−−の三つを挙げた。【錦織祐一/デジタル報道センター】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堺・弟殺害 父殺害容疑で再逮捕 遺体から睡眠薬
  2. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. きょうのセカンドオピニオン 起立性調節障害、受診先は?=答える人・呉宗憲助教(東京医科大・小児科)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです