メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動き出す2/3

/上 首相、改憲「理念先行」を封印 宿願へ、発言慎重に

安保法制を巡り与野党が激論となった昨年6月の衆院憲法審査会=望月亮一撮影

 参院選の投開票日から一夜明けた11日、自民党本部で記者会見した安倍晋三首相(党総裁)は「(2012年に策定した憲法改正の第2次草案の)自民党案をベースにしながら、どう3分の2を構築していくか。これがまさに政治の技術と言っていい」と語り、衆参両院の憲法審査会で、発議が可能な改憲項目の選定が進むことに期待を示した。

 首相は参院選の期間中、街頭演説や講演では憲法改正について一切言及しなかった。しかし、今年の年初から…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1245文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]