メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016参院選

選挙結果の分析(その1) 共闘「足し算」以上 野党、与党票取り込み

 第24回参院選が10日、投開票された。今回の選挙で有権者はどんな投票行動に出て、それが結果にどうつながったのか。新議員の考え方にはどんな傾向があるのか。データを基に探った。

 参院選では民進、共産、社民、生活の野党4党が32の「1人区」(改選数1)すべてで候補者を一本化した。4党の比例代表の合計得票と統一候補の得票を比較すると、28選挙区で候補者の得票が上回った。与党支持層の一部を取り込んだとみられ、選挙協力は単純な「足し算」以上の効果を生んだといえる。

 1人区には民進党公認15人、共産党公認1人、無所属16人が立候補し、全選挙区で自民党候補と対決。民…

この記事は有料記事です。

残り2833文字(全文3112文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです