メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

TV報道 「公平公正」配慮 開票日まで低調

テレビ局のインタビューに答える安倍晋三首相=東京都千代田区の自民党本部で2016年7月10日、宮間俊樹撮影

 テレビの参院選報道が低調だった。調査会社エム・データの調べでは、情報番組を含めた各局の関連番組の総放送時間は約26時間で、前回(2013年)の約36時間より3割近く減っていた。「開票日の特別番組はおもしろいのに、選挙期間中はつまらなかった」という指摘もある。テレビ報道は腰が引けていたのだろうか。いくつかの視点から考えた。【日下部聡、青島顕】

 「選挙終わってから候補や政党や支援団体のことを特番で見せられてもどうしろと言うんですか? 遅いだろ…

この記事は有料記事です。

残り2792文字(全文3014文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 風知草 身もフタもない=山田孝男
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]