メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法の岐路・私は言いたい

地方分権の形を示せ 前高知県知事・橋本大二郎さん(69)

 憲法ができて70年がたち、見直しの議論は出てきて当然だ。

 自治体について、92条は「地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める」と規定するが、本旨とは何かを書いていない。法律を作るのは国会だから、国が地方の上に立ち、対等な関係にはならない。国は国防や外交、地方は暮らしに身近な政策と役割分担すべきだが、今の憲法では地方分権のかたちを作れない。

 43条は衆参両院を「全国民の代表」とする。1票の格差を巡って裁判になり、参院では徳島・高知と島根・…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文698文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]