メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法の岐路・私は言いたい

地方分権の形を示せ 前高知県知事・橋本大二郎さん(69)

 憲法ができて70年がたち、見直しの議論は出てきて当然だ。

 自治体について、92条は「地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める」と規定するが、本旨とは何かを書いていない。法律を作るのは国会だから、国が地方の上に立ち、対等な関係にはならない。国は国防や外交、地方は暮らしに身近な政策と役割分担すべきだが、今の憲法では地方分権のかたちを作れない。

 43条は衆参両院を「全国民の代表」とする。1票の格差を巡って裁判になり、参院では徳島・高知と島根・…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです