メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

東京10区補選 野党協力機能せず 14年比得票率低下

 23日に投開票された衆院東京10区補選で、落選した民進党の鈴木庸介氏の得票率は37・5%だった。2014年衆院選東京10区で民主、共産、生活3党(党名は当時)の候補者の得票率は計44・6%あり、今回、民進、共産、自由、社民4党の選挙協力が十分に機能しなかったことがデータからもうかがえた。

 14年の東京10区では、自民党の小池百合子氏(現東京都知事)が9万3610票で圧勝したが、民主、共産、生活3党候補の得票を合わせると差は約1万票まで縮まった。投票率が14年の53・56%から今回は34・85%に下がったため、得票率で比較した。

 自民党の若狭勝氏の得票率は60・3%で、前回の小池氏の50・7%を上回った。都知事として注目を集め…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文784文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 健康格差 糖尿病は「自己責任」なのか 麻生財務相発言

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです