メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山市議補選

政活費に厳しい目 自民は過半数維持も…

富山市議会の勢力

 政務活動費(政活費)を巡る不正で議員12人が辞職したことに伴う富山市議補選(改選数13)は6日投開票された。10人が辞職した自民は公認を見送り、推薦・支持した6人中5人が当選。現有の18議席(正副議長含む)と合わせて定数40の過半数を維持した。ただ、毎日新聞が選挙期間中、有権者100人を対象に実施したアンケートによると、2013年市議選で自民候補に入れた有権者の過半数が、自民以外の候補者に投票。投票先を決める際に78人が政活費の不正問題を「考慮した」と答えるなど、自民支持を離れて批判票を投じた人が多くいたこともうかがえる。投票率は26.94%と、過去最低だった13年(53.05%)を大幅に下回った。【大東祐紀、古川宗、石川貴教】

 「議員の怠慢が出ている」「市民として恥ずかしい」。毎日新聞が実施した有権者100人アンケートの結果…

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1582文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです