メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の選挙から

フランス 「正統性高める」2回投票

フランス大統領選で決選投票に進む可能性が高いとされる極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(中央)=パリで5月1日

 <くらしナビ 選挙に行こう>

 日本の選挙は投票は1回だけで、最多票を獲(かく)得(とく)した候補者が当選します。フランスではほぼすべての選挙で2回、投票が行われます。1回目の投票で過半数の票を獲得した候補者がいなければ、一定の条件を満たした得票上位の候補者が決選投票に進みます。

 国政選挙で2回投票制が始まったのは1852年の下院選からです。来年は大統領選があり、4月に1回目の投票で過半数を獲得した候補がいなければ、上位2者による決選投票が5月にあります。大統領選が国民の直接選挙になった1965年以降、決選投票が行われなかったことはありません。

 2回投票制には「当選者の正統性を高める」という考え方が反映されています。1回目で多数の候補者に票が…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文771文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]