メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の選挙から

チベット 首相選、亡命先で投票

チベット亡命政府首相選で投票する亡命チベット人の男性=インド・ニューデリーで2016年3月20日

 <くらしナビ 選挙に行こう>

 世界には国を持たない人たちによる選挙もあります。昨年行われたチベット亡命政府の首相選がそうで、ロブサン・センゲ首相が再選を決めました。投票権を持つ18歳(さい)以上のチベット人がそれぞれの亡命先で、一票を投じたのです。

 チベットは中国西部に広がる地域で、第二次大戦までは事実上独立を保っていました。しかし、1950年に中国軍が進(しん)駐(ちゅう)し、翌51年に中国の一部とする協定が結ばれます。59年には住民が中国に対する大規模な抗(こう)議(ぎ)活動を行い、中国軍と衝(しょう)突(とつ)しました。このとき、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世がインドへ脱(だっ)出(しゅつ)し、亡命政府を作ったのです。

 亡命チベット人は日本や米国など世界中におり、計約15万人に上ります。一方、中国に残るチベット人はダ…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文811文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]