メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の選挙から

チベット 首相選、亡命先で投票

チベット亡命政府首相選で投票する亡命チベット人の男性=インド・ニューデリーで2016年3月20日

 <くらしナビ 選挙に行こう>

 世界には国を持たない人たちによる選挙もあります。昨年行われたチベット亡命政府の首相選がそうで、ロブサン・センゲ首相が再選を決めました。投票権を持つ18歳(さい)以上のチベット人がそれぞれの亡命先で、一票を投じたのです。

 チベットは中国西部に広がる地域で、第二次大戦までは事実上独立を保っていました。しかし、1950年に中国軍が進(しん)駐(ちゅう)し、翌51年に中国の一部とする協定が結ばれます。59年には住民が中国に対する大規模な抗(こう)議(ぎ)活動を行い、中国軍と衝(しょう)突(とつ)しました。このとき、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世がインドへ脱(だっ)出(しゅつ)し、亡命政府を作ったのです。

 亡命チベット人は日本や米国など世界中におり、計約15万人に上ります。一方、中国に残るチベット人はダ…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文811文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです