メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現職の古田肇氏が4選

 任期満了に伴う岐阜県知事選は29日投開票され、現職の古田肇氏(69)が、無所属新人の共産党県委員会常任委員、高木光弘氏(57)を破り、4選を果たした。投票率は36.39%で、過去最低だった前回の33.92%をわずかに上回った。

     古田氏は3期12年の実績や、県の自然や伝統を生かした「清流の国ぎふ」づくりなど地域振興策を訴えて支持を集めた。公明の他に、自民、民進の各県連も古田氏を推薦。共産を除くオール与党体制に、有権者の関心は高まらなかった。【岡正勝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 選抜高校野球 九回勝ち越し 神宮覇者・履正社が決勝進出
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. 吉野家 バイト学生に奨学金制度創設
    4. ユニクロ 柳井氏、米国生産「あり得ない」
    5. 宝塚音楽学校 第105期生の合格発表 26倍勝ち抜き

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]