メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の選挙から

インドネシア 不正疑惑、アプリで監視

ジャカルタ特別州知事選の投票所で、スマートフォンを使って開票結果を入力・送信するボランティア=ジャカルタで2月15日、ジャカルタ支局助手エドナ・タリガン撮影

 <くらしナビ 選挙に行こう>

 インドネシアで2月15日、州知事や市長を選ぶ統一首長選挙がありました。約710万人の有権者を抱(かか)えるジャカルタ首都特別州の知事選では、超(ちょう)党(とう)派(は)の市民ボランティア約1万8000人がスマートフォンを使って開票速報を行い、注目を集めました。

 インドネシアでは投票締(し)め切(き)り後すぐに、各投票所で開票が公開で始まります。票数の書類が送付された選挙管理委員会で集計されます。ですが、首都特別州の投票所は約1万3000カ所もあり、最終確定まで12日間もかかります。

 メディアや調査機関は投票所に人員を配置し、独自に開票速報しますが、全部をカバーするのは困難です。ま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです