メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共産・小池氏「改憲に『ノー』の審判が下った」

共産党の小池晃書記局長=猪飼健史撮影

 共産党の小池晃書記局長は2日夜、党本部で会見し「自民党と都民ファーストの間に根本的な政治をめぐる対決というのはない」と話し、都議選が自民党対小池百合子知事の構図で報じられてきたことに疑問を示した。また、選挙結果について「憲法、自民党の改憲案に明確な都民の『ノー』の審判が下ったと受け止めるべきだ」と主張した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  2. 広島 女子中学生が死亡、校舎から飛び降りか
  3. ORICON NEWS グッチ裕三、メンチカツ“ステマ”騒動を謝罪「認識不足でした」
  4. 名鉄犬山線 電車が男性の上を通過 泥酔状態で寝たまま
  5. 特集ワイド 松田喬和のずばり聞きます 石破茂・自民党元幹事長

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]