メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議選

共産・小池氏「改憲に『ノー』の審判が下った」

共産党の小池晃書記局長=猪飼健史撮影

 共産党の小池晃書記局長は2日夜、党本部で会見し「自民党と都民ファーストの間に根本的な政治をめぐる対決というのはない」と話し、都議選が自民党対小池百合子知事の構図で報じられてきたことに疑問を示した。また、選挙結果について「憲法、自民党の改憲案に明確な都民の『ノー』の審判が下ったと受け止めるべきだ」と主張した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府 年金開始、70歳超も選択肢
  2. 座間事件 神奈川県警で集団自殺疑う声 女子高生2人不明
  3. 漆黒を照らす /52 北朝鮮の人々に冷たい日本 独裁政権と民衆は別 /大阪
  4. ICAN フィン氏「ここが被爆者が飛び込んだ川ですか」
  5. 山陽新幹線 異音で姫路駅で臨時停車 新大阪で代替列車に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]