メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

存在感増す 期日前投票

昨年の参院選では、高齢者人口が多い地域の病院に期日前投票所が設置された=秋田県湯沢市で2016年6月、佐藤伸撮影

 何らかの理由で、選挙の投票日は投票所に行けないこともあるでしょう。それでも投票できる方法は、いくつかあります。よく知られているのは、もうすぐ開始15年目を迎(むか)える「期日前投票」です。2日に投開票(とうかいひょう)された東京都議選挙では、投票した人の4人に1人の割合で利用しました。

 対象は、選挙権があり、投票日に仕事やレジャー、冠(かん)婚(こん)葬(そう)祭(さい)といった用事が見(み)込(こ)まれる人たちです。公示(告示)翌日から投票日前日までに、期日前投票所に行って、宣(せん)誓(せい)書を提出すれば、通常と同じように投票できます。

 他の自治体に滞(たい)在(ざい)していて、投票所に行けない場合の「不在者投票」は、事前に必要な書類…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文842文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投資信託 家計保有額、30兆円以上も誤計上 日銀がミス
  2. 猛暑 世界でも異常な高温 米国で50度超え
  3. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 猛暑 冷凍アクエリアス販売一時休止 製造追いつかず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]