メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口代表 参院「合区」解消の自民検討案を批判

 公明党の山口那津男代表は27日の記者会見で、昨年の参院選で導入された選挙区の「合区」を解消するため自民党が憲法47条の改正を検討していることについて「全体の整合性からも、都道府県の役割からも適切とは言い難い」と批判した。

     参院自民党は「選挙に関する事項は法律で定める」という47条を改正し、改選ごとに各都道府県から少なくとも1人を選出すると憲法で規定しようとしている。

     これについて、山口氏は「地方自治の章では都道府県や市町村の制度を具体的に規定していない。それを議論せずに、選挙制度に限って都道府県が出てくるのはいかがなものか」と指摘。14条(法の下の平等)との整合性も考慮すべきだと述べた。【高橋克哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北朝鮮 正恩氏「超強硬対応」 太平洋で水爆実験を示唆
    2. 河野外相 北朝鮮との「断交」要求 米講演で各国に
    3. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    4. 特集ワイド 北朝鮮、6回目の核実験 正恩氏、覚悟の秘密演説 敵どもの強硬には超強硬で/政治思想的威力で戦争勝利
    5. 川栄李奈 菜々緒と“Sキャラ姉妹”で初登場 仲良しぶり見せる

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]