メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

多選条例は「自粛」が主流

 <くらしナビ おとなへステップ>

 選挙に繰り返し当選することを「多選」といいます。はっきりとした定義はありませんが、都道府県知事は3、4回当選すると、多選とみなされるようです。8月27日投開票の茨城県知事選挙では、7回目の当選を目指した現職の橋本昌(まさる)氏が、多選を批判した新人の大井川和彦(おおいがわ・かずひこ)氏に敗れました。

 多選批判は、首長選挙でしばしば取りざたされます。よく聞かれるのは、首長が独りよがりになる、行政がマ…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文883文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]