メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

多選条例は「自粛」が主流

 <くらしナビ おとなへステップ>

 選挙に繰り返し当選することを「多選」といいます。はっきりとした定義はありませんが、都道府県知事は3、4回当選すると、多選とみなされるようです。8月27日投開票の茨城県知事選挙では、7回目の当選を目指した現職の橋本昌(まさる)氏が、多選を批判した新人の大井川和彦(おおいがわ・かずひこ)氏に敗れました。

 多選批判は、首長選挙でしばしば取りざたされます。よく聞かれるのは、首長が独りよがりになる、行政がマ…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文883文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  2. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  3. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  4. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  5. 明治150年 記念式典縮小 首相こだわり/反発に配慮

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです