メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背水の民進

再編の行方を問う 「与野党1対1」模索 前原誠司・民進代表

前原誠司氏=東京都千代田区で2017年9月19日、根岸基弘撮影

 今回の衆院解散は森友・加計疑惑隠しの敵前逃亡、自己保身解散だ。こんなひどいタイミングでの解散は24年国会議員をやっているが初めてだ。疑惑を追及されるのが嫌なのだろうが、邪道だ。解散するならば堂々と国会の議論に応じてからやるべきだ。安倍晋三首相は改造内閣を「仕事人内閣」と言っていたが、仕事人が何の仕事をしているか国会で全く聞けない。

 首相は、2019年10月に予定されている消費税率引き上げによる増税分を社会保障充実に充てると訴える…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文832文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  3. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
  5. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]