メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背水の民進

再編の行方を問う 接戦区で一本化を 岡田克也・民進元代表

=太田康男撮影

 衆院解散の大義はない。加計(かけ)・森友学園問題では新たな疑惑も出ている中、国民の疑念に答えないための解散だ。これを許すか許さないかの選挙だ。

 安倍晋三首相は消費税2%引き上げ分を社会保障や教育に充てると言っているが、軽減税率などを入れると、財源はそう多くはない。言っていることがどこまでできるのかも、国民に説明して明確にすべきだ。

 小選挙区では、野党は候補を複数立てないほうがいいのはその通りだ。調整はできるだけしたほうがいい。た…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文503文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです