メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背水の民進

再編の行方を問う 接戦区で一本化を 岡田克也・民進元代表

=太田康男撮影

 衆院解散の大義はない。加計(かけ)・森友学園問題では新たな疑惑も出ている中、国民の疑念に答えないための解散だ。これを許すか許さないかの選挙だ。

 安倍晋三首相は消費税2%引き上げ分を社会保障や教育に充てると言っているが、軽減税率などを入れると、財源はそう多くはない。言っていることがどこまでできるのかも、国民に説明して明確にすべきだ。

 小選挙区では、野党は候補を複数立てないほうがいいのはその通りだ。調整はできるだけしたほうがいい。た…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文503文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]