メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院

解散へ 東京12区、自公すきま風 都議選、残るしこり

 衆院解散・総選挙を前に、自民党と公明党との間に東京都議選を巡ってしこりが残り、都内での選挙協力に影を落としている。公明は7月の都議選で、小池百合子知事が特別顧問を務め、自民と対立する都民ファーストの会と連携。公明が全員当選し、自民の当選者は史上最低となり歴史的惨敗を喫した。国政で連立を組む自公だが都議会では「ねじれ」が生じ、自民側に不満が漂っている。

 焦点となるのは、東京12区(北区と豊島、板橋、足立3区の一部)だ。公明の公認は、現職の太田昭宏前代…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文656文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです