メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

解散表明 成長力底上げ道半ば アベノミクス、脱デフレ遠く

 安倍晋三首相は、経済政策「アベノミクス」で経済再生と財政再建の両立を訴えてきた。4年半以上続くアベノミクスで足元の景気は好調だが、消費税増税分の使途変更で財政再建は遠のく。人口減少への対応や規制改革など、日本の成長力そのものを底上げする改革も道半ばだ。【井出晋平】

 「日本経済は11年ぶりの6四半期連続のプラス成長。アベノミクスの矢を放ち続け、ようやくここまで来ることができた」。安倍首相は25日の記者会見で胸を張った。

 現在の景気拡大が始まったのは、第2次安倍政権が発足した2012年12月。アベノミクスの「三本の矢」…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1030文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです