メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視座・衆院選2017

/1 野党と首相、問う機会 政策研究大学院大学教授・竹中治堅氏

=竹内紀臣撮影

竹中治堅(はるかた)氏

 今回の衆院選は野党第1党が突然分裂し、自民・公明、希望、立憲民主・共産の三つどもえの戦いとなる。民進党は中道右派・リベラル路線の間で揺れ続けてきた。希望の党に多くの保守系民進議員が合流し、希望が保守、立憲民主がリベラルと構図がはっきりし、有権者の判断が容易になった。

 民進党は前原誠司代表の下で、消費増税を前提に分配重視の社会民主主義的な政策を練り上げていた。安倍晋三首相も自民党の政策をリベラルな方向に寄せており、将来の社会像で論戦を展開すると予想していた。立憲民主党が民進党の政策を継承し、自民党に挑むのか注目している。

 希望の党は現状を否定するポピュリスト政党になりかねない。「リセット」という言葉は新鮮に響くが現状否…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです