メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混迷・衆院選2017

「公認」見送りや返上

立憲民主党の東京選挙区への立候補予定者の記者会見前に、旧民主党の公認ゆるキャラ「民主くん」の関連グッズを渡される長妻昭氏(左)=東京都千代田区で2017年10月4日、川田雅浩撮影

自民 岸田氏抗議「理解不能」

 「言っている意味が分からない。理解できません!」

 4日午前の自民党本部4階。温厚な岸田文雄政調会長が詰問した相手は、二階俊博幹事長だった。公認争いが続く山梨2区に関し、二階氏が4日に下した裁定は、岸田派前職の公認見送りと、二階派前職の自民復党・無所属出馬の容認。3日の党選対会合で「岸田派前職に公認を出すべきだ」との意見が多かったが、一任を受けた二階氏が1日で覆した。

 「復党」と「公認見送り」により、公認候補を故意に不利に陥れる「反党行為」に問われる恐れはなくなった…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです