メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

2017衆院選 公示を前に=松田喬和(特別顧問)

衆院本会議で解散詔書を読み上げる大島理森議長=国会内で2017年9月28日、川田雅浩撮影

投票行動で政治復権を

 冒頭解散による奇襲作戦で、政党間の連携に懸ける野党陣営に、安倍晋三首相は攻勢を掛けるつもりだった。それが、民進党と希望の党との合流問題が急浮上して情勢は一変し、衆院選本来の政権選択を争点にした選挙戦への期待が高まった。民進党内の混乱を経て、「自民・公明」「希望・維新」「立憲・共産・社民」の3極対決に集約されつつある。

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2077文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです