メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明、首相改憲に距離 教育負担を軽減 公約発表

公明党の山口那津男代表=藤井太郎撮影

 公明党の山口那津男代表は5日午前、党本部で記者会見して衆院選公約を発表した。憲法改正については他の公約とは切り離し、巻末に党の「基本姿勢」を掲載。安倍晋三首相が主張する自衛隊の明記について「理解できないわけではない」と距離を置き、「多くの国民は憲法違反の存在とは考えていない」と首相方針について慎重な姿勢を示した。改憲を公約の重点項目に格上げした自民党との温度差は明白だ。重要政策では、表紙に「教育負担の軽減へ」を掲げた。

 山口氏は会見で「自公政権で経済は大きく好転した。安定政権で引き続き国民の暮らしを守り、日本の未来を切り開く」と衆院選への意気込みを語った。

 公約集では憲法を「優れた憲法」と評価。改憲について、「施行時に想定できなかった課題」が規定の不備で解決できない場合に、新たな条文を加える従来の「加憲」の立場を改めて示した。憲法9条の1項と2項は「堅持する」と記し、安全保障法制を適切に運用することで「さらに国民の理解を得る」のが大事だと記載している。改憲案の国会発議は「多くの政党の合意形成に努めていくべきだ」とし、与党のみによる発議に慎重な姿勢を示した。

 公約は教育など六つの柱で構成。2019年10月の消費税率10%への引き上げの増収分の使途を変更し、教育費の負担減に充てるとし、0~5歳児の幼児教育の19年までの無償化や保育士の処遇改善を打ち出した。私立高校授業料も年収590万円未満の世帯を対象に19年までの実質無償化を実現すると盛り込んだ。

 介護保険料の負担軽減の前倒しや、待機児童解消、消費増税時の軽減税率導入も明記した。原発新設を認めず、「原発に依存しない社会・原発ゼロ」を目指すとも記した。【木下訓明】

党派別立候補者数

  合計 小選挙区 比例代表 重複 (公示前)
自民 332 277 313 258 284
希望 235 198 234 197 57
公明 53 9 44 0 35
共産 243 206 65 28 21
立憲 78 63 77 62 15
維新 52 47 52 47 14
社民 21 19 21 19 2
2 0 2 0 0
諸派 91 44 47 0 0
73 73 0 0 44
1180 936 855 611 472

注目ニュース

[PR]