メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視座・衆院選2017

/3 安倍政治「総括」を 経済同友会代表幹事・小林喜光氏

経済同友会代表幹事・小林喜光(よしみつ)氏

 今回は安倍晋三首相が5年近くやってきたアベノミクス、原子力政策、憲法改正論議などが「これでよいのか」を有権者に問う「総括選挙」だ。解散の大義があるとかないとかいう議論もあるが、安倍首相が比較的強引な解散をしたことにより、政策論議が活性化するとしたら、良かったのではないか。

 この5年近く、政府・日銀は大規模な金融緩和で円安に誘導してきた。原油安もあるが、為替相場が1ドル=…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文872文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  2. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. インサイト ミカン、希望の0.5トン
  5. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]