メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相演説、ヤジ懸念し場所変更

 「諸般の事情により、安倍総裁の演説は中止となりました」

 5日午後4時半過ぎの新百合ケ丘駅前(川崎市)。印字された紙を持った男性が100人以上の人々に頭を下げて回っていた。実際に安倍晋三首相が午後5時前に登場したのは、同駅から4駅離れた向ケ丘遊園駅前(同市)だった。場所変更は告知されなかった。

 背景にあるのは東京都議選での「秋葉原ショック」だ。演説中に「帰れ」「安倍やめろ」と繰り返す聴衆の一…

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1305文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
  2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  4. 大阪府警 勤務中不倫相手宅へ「出動」 警部尾行し特定 懲戒処分
  5. 東芝メモリ 売却中止検討 独禁法審査、中国承認遅れ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]