メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

参院選「1票の格差」最高裁合憲=伊藤直孝(東京社会部)

昨年7月の参院選での「1票の格差」巡る訴訟の上告審判決の後、記者会見で最高裁を批判する升永英俊弁護士(前列左から2人目)ら=東京・霞が関の司法記者クラブで9月27日、西本勝撮影

衆院選でも改革案示せ

 昨年の参院選を巡る「1票の格差」訴訟で、最高裁大法廷は先月、国政選挙で6選挙ぶりとなる合憲判断を示した。批判が高まる「合区」に言及するかが注目されたが、直接の論評はしなかった。最高裁は今回、格差が縮まるなら、よほど不合理でない限り方法は国会の裁量に任せる--との姿勢を示し、選挙制度改革のボールを国会に投げ返したと言える。改革の議論は、国と地方の関係を考えることにもつながる。10日に公示される衆院選ではあまり注目されていない論点だが、各党とも地方分権の旗を掲げるのであれば、参院選改革の考え方を示してほしい。

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2085文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです