メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混迷・衆院選2017

箱の上で演説/スタッフ、上着に他党名 急造選対、列島走る

街頭演説をする立憲民主党の枝野幸男代表=大阪市都島区で2017年10月7日午後3時20分、大西岳彦撮影

 民進党分裂で急造の新党が二つ生まれた今回の衆院選。街頭演説も手探りだ。

 「右とか左とかじゃない。前へ、皆さんと進んでいきたい」。立憲民主党の枝野幸男代表が7日、大阪市内で演説した際に足元にあったのは高さ50~60センチの箱だった。

 2日に枝野氏が1人だけで結成記者会見に臨んだ新党は、民進党の広報カーを建前上は使えない。枝野事務所が業務の中心で人手や資材は常に不足。7日の演説会を仕切る「大阪府連」もない。府内8人の公認内定者の事務所で、資材調達や枝野氏の送迎などを分担。関係者は「あらゆることがバタバタ」と息を切らす。

 それでも街頭には1500人超が詰めかけ「枝野コール」もわいた。枝野氏は「これまでの政治に不満や不信…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1204文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]