メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混迷・衆院選2017

気色ばむ首相、朝日批判 加計問題で応酬

 「ぜひ国民の皆さんに、新聞をよくファクトチェックしていただきたい」

 8日の党首討論会では、安倍晋三首相が衆院解散の判断に至った要因の一つとされる森友学園・加計学園の問題も取り上げられ、首相が気色ばんで朝日新聞を批判する場面があった。

 きっかけは日本記者クラブの企画委員の質問。加計問題での首相の説明が「不十分」とする回答が79%を占めた朝日新聞の調査に触れた。応答で首相は7月10日の加計問題に関する国会の閉会中審査に言及。参考人で出席した加戸守行・前愛媛県知事の発言を「次の日に全く(朝日が報道)していない」と続け、「胸を張ってしていると言えますか」と聞いた。「はい、できます」と応じられると、首相が「チェック」を呼びかけた。

 朝日新聞は7月11日付の朝刊に審議の詳報を載せ、「愛媛は12年間加計ありき」の見出しで加戸氏の発言…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文847文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]