メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選公示

モリ・カケ問題、しっかり見てるぞ

森友学園が開校を断念した「瑞穂の国記念小学院」=大阪府豊中市で、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 学校法人「森友学園」に国有地(大阪府豊中市)が格安で売却された問題は、野党が売買経緯などについて追及を強める構えだった。国有地で小学校を開設する計画は頓挫。ほぼ完成した校舎は残されたままで、近くに住む無職の男性(80)は「うやむやにしたままではいけない。しっかり取り組む候補者や政党を選ぶ」と話す。

 「加計学園」の岡山理科大獣医学部の校舎建設が進む愛媛2区。建設には愛媛県の支援で地元の今治市が最大96億円を補助する。

 同市のタクシー運転手、阿部白(あきら)さん(71)は「安倍首相の説明に納得できない。多額の税金は子どもやお年寄りのために使うべきだ」と憤る。一方、無職女性(51)は「商店街にシャッターが閉まったままの店が増えた。若者がたくさん来て、にぎわいが戻ってほしい」と期待する。【服部陽、花澤葵】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漆黒を照らす /52 北朝鮮の人々に冷たい日本 独裁政権と民衆は別 /大阪
  2. サッカー ロナウジーニョが引退 元ブラジル代表
  3. 喫茶店 「トップ」生まれ変わり開店 ナポリタンの味継承
  4. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明
  5. 統一会派 民進と希望、分裂は必至 衆院・岡田氏ら反対

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]