メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

比例 新党結成の背景に

衆院選が公示され、候補者らの訴えを聞く有権者=仙台市青葉区で10日午前9時47分、小川昌宏撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 10日に衆院選が公示され、22日の投開票に向けて各党の舌戦がスタートしました。そんな中、今や衆院選前の風物詩となっているのが新党の結成や政党の離(り)合(ごう)集散です。直前に政党に変化が起こるのは、現在の選挙制度で比例代表制を採用していることと無関係ではありません。

 衆議院の選挙制度は小選挙区比例代表並立制です。元々、一つの選挙区ごとに3~5人が当選する中選挙区制…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文811文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎
  2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
  3. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
  4. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
  5. 山口メンバー 無期限謹慎処分に 所属事務所が決定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]