メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

党首走る

共闘路線問われる真価 共産党・志位和夫委員長

支持者から大阪名物の豚まんをプレゼントされる共産党の志位和夫委員長=大阪市中央区で2017年10月15日、小関勉撮影

 「なぜ、若い皆さんの生活は苦しいままなんでしょうか」。14日の東京・新宿での集会。語調の強い選挙演説と違い、穏やかに語りかけた。15日の大阪遊説では豚まんの差し入れに顔をほころばせた。堅いイメージがゆるむ瞬間だ。移動の合間にはツイッターで1日数回つぶやき、反応を探る。

 2012年の民主党政権下野後、共産党は存在感を増す。…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  3. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  4. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]